わきがの症状について

MENU

気になるわきがの症状について

そもそもワキガとは?汗のにおいとどう違う?

ワキガのにおいを嗅いだことのある人ならご存知かもしれませんが、ワキガと汗のにおいは明らかに異なります。ワキガのにおいは「たまねぎのようなにおい」だとか「鉛筆の芯のようなにおい」と例えられ、一般的な汗臭さとはまったく違うんです。
夏の暑い日や、激しい運動をしたときには、誰しも身体に汗をかきますよね。人体には「エクリン汗腺」という汗腺が全身に存在し、ここから汗が分泌されています。この汗はほとんどが水分でできています。一方、ワキガの場合は「アポクリン汗腺」という汗腺から、ミネラルなどを含んだ汗が分泌されます。ワキに存在する雑菌が、この汗を分解することにより、ワキガ特有のにおいが発生するというわけです。

 

子どものワキガも存在するの?

結論から言えば、子どもがワキガになる可能性は十分にあります。ワキガの原因である「アポクリン汗腺」の数は遺伝に左右されるため、両親のどちらか、あるいは両方がワキガである場合、生まれた子どもに遺伝する可能性が高いというわけです。また、この「アポクリン汗腺」は第二次性徴期を迎えるとともに、一気に数が増えるとも言われています。ワキガは生まれつきのもの。もし、自分の子どもがワキガで悩んでいたときには、ともに解決策を考え、身体と同時に心のケアも怠らないようにしたいですね。

 

具体的な症状は?

ワキガの最大の特徴として独特なにおいが挙げられますが、それ以外にもいくつかの症状が見られます。例えば、耳垢が湿っぽかったり、陰部のにおいが強いというケース。これはわきがの原因である「アポクリン汗腺」が、ワキや耳の中、陰部に多くあることが関係しています。ねばねばした耳垢が出るという人は、生まれつき「アポクリン汗腺」が多いのかもしれません。
また、ワキガの人の汗は黄ばんでいるとも言われています。白いシャツを着て、汗をかいたとき、ワキの部分が何となく黄色くなっていた…という経験はありませんか?普通の汗とは違う状態だと感じたら、ワキガの可能性を疑ってみましょう。

 

どうやって対策したらいいの?

汗をかいたらこまめに着替えたり、お風呂で身体を丁寧に洗うことで、ある程度のにおいは抑えることができます。市販の消臭スプレーを使用するのもいいでしょう。どうしても気になるというときは、手術という手段もあります。未成年の子どもであっても、適切な治療を受けることで、手術痕がほとんど目立たない状態にすることができるのです。
自分のにおいはなかなか気づきにくいもの。周りの人たちにも理解してもらいながら、症状と向き合っていきたいですね。