わきがの遺伝について

MENU

ワキガは遺伝するの?原因を知って正しく対処しよう!

ワキガで悩む人は少なくありません。デリケートな問題のため、誰にも相談できず、ひとりで抱え込んでいる人もたくさんいます。しかしワキガは本人のせいではありません。不潔にしていたとか、ケアを怠ったとか、そのような理由でワキガになることは決してないのです。なので自分を責めたり、いじけたりする必要は全くありません。正しい知識を得て、しっかり対処すればワキガを抑えることは十分可能でしょう。

 

ワキガは遺伝するのでしょうか?

ワキガは遺伝するのでしょうか。気になるところですが、答えはYESです。親がワキガの人や、自分がワキガで子供がいる人には、残酷な事実かもしれません。両親ともにワキガの場合の遺伝率は80パーセントほどで、片親がワキガの場合の遺伝率は50パーセントほどです。高確率でワキガが遺伝することをあらわしています。また両親がワキガでなくても、祖父母がワキガなら、遺伝する可能性があります。隔世遺伝も十分にありえるのです。
ワキガは優性遺伝です。優性遺伝とは、すぐれているということではなく、簡単にいうと、遺伝しやすいということです。ワキガを親や祖父母から受け継いでいる人はとても多く、決して特別なことではないのです。

 

ワキガの症状があらわれる時期

身内からワキガを受け継いだといって、生まれてすぐワキガの症状が出るわけではありません。ワキガの赤ちゃんなんて見たことがないでしょう。
ワキガは、アポクリン汗腺から分泌される汗と、皮膚上の細菌が混ざり合って嫌なニオイを発生させることが原因だとされています。ですからアポクリン汗腺が発達しだす小学校高学年から中学生くらいの時期に発症することが多いようです。一番多感な思春期の時期に、この悩みを抱える子供たちは気の毒ですが、周りのおとながしっかりとワキガについて説明し、対処法をレクチャーしてあげれば、ワキガ臭を抑えて生活することが十分可能です。

 

ワキガの対策方法

ワキガの対策として、まずは内側からアプローチしてください。食生活を見直しましょう。肉類はアポクリン汗腺を刺激し、汗の分泌を促しますので控えめにし、野菜類を多く摂るようにしましょう。また半身浴をするのもワキガ対策に効果的です。わきの毛穴をしっかりと開き、汚れを落としましょう。
そして外側からのアプローチとして、制汗剤やワキガクリームの使用をおすすめします。またわき専用の消臭石鹸なども売られていますので、それらを利用すると効果的にワキガ臭を抑えられます。

 

ワキガは決して特別な症状ではありません。人知れず悩んでいるのはあなただけではないのです。正しい対処をして、自信を持って暮らしましょう。